農業+発電での安定収入 ソーラーシェアリング

\ このような方におすすめ /

  • 農地を有効活用
    したい

  • 農家で後継者が
    いない

  • 地元に
    貢献をしたい

  • 安定収入を
    得たい

次へ

About this service ソーラーシェアリング
とは?

農業×発電 太陽の光を、農作物の生育と発電で分かち合う農電伴業

農業収入+ 売電収入で
安定した収入が確保できます。

農地に架台と太陽光パネルを設置します。
その際に、架台は農業機械が入るような高さに設定し、パネルは太陽光が入るように隙間をあけて設置します。

Merit ソーラーシェアリングの
3つのメリット

  1. 持続可能な農業に

    • 農地の有効活用
    • 安定収入の確保
    • 就農者の高齢化・後継者対策
    • 自給率向上
  2. 地域雇用の創出

    • 障がい者長期安定雇用
    • 地域経済活性化
  3. 地域で安心・安全な
    エネルギーを供給

    • スマートシティの構築
    • エネルギーの地産地消

Harvest どんな作物が
栽培できるの?

日本在来の植物で、乾燥や暑さに対する抵抗力が極めて強いです。屋上緑化・壁面緑化・法面緑化など環境に貢献します。

栽培に手間がかからず、遮光率が高いことが特徴。そのため、安定した売電収入を得ることができます。

ミョウガ

栽培に手間がかからず、遮光率が高いことが特徴。そのため、安定した売電収入を得ることができます。

Case 設置事例

事例1:北栄ソーラーファーム

設置場所鳥取県北栄町
出力1,000kW
太陽光パネル245W×4,200枚
年間発電量100万kW
作物常緑キリンソウ

事例2:北栄高千穂太陽光発電所

設置場所鳥取県北栄町
出力750kW
太陽光パネル多結晶シリコンタイプ 3,136枚
(240W/枚)
年間発電量73.6万kW
作物原木しいたけ