自家消費型太陽光発電を始めるなら 初期費用0円
PPAモデル

\ このような方におすすめ /

  • 設備への投資が
    難しい

    自家消費型太陽光を導入したいが、
    設備投資に予算を割きづらい

  • 脱炭素に
    取り組みたい

    取引先から脱炭素事業への
    対応を求められた

次へ

About this service 初期費用0円で導入できる
“PPA型自家消費型太陽光”がおすすめです

※PPAとは「Power Purchase Agreement(電力販売契約)モデル」の略。電力需要家(=貴社)がPPA事業者(=エナテクス)に敷地や屋根などのスペースを提供し、PPA事業者が太陽光発電システムなどの発電設備の無償設置と運用・保守を行う運用形態のこと。

\ ソーラーパネルを施設敷地内に設置できるなら /

【1】オンサイトPPA

太陽光発電 オンサイトPPA

※電力需要家 … 太陽光電力を使う施設のこと

\ ソーラーパネルだけ別の場所に設置するなら /

【2】オフサイトPPA

太陽光発電 オフサイトPPAの仕組み

Merit PPA(自己資金0円モデル)
3つのメリット

メリット 01 初期投資や管理コストが0円で済む

設備投資のための予算が確保できない方も、太陽光発電設備を保有いただけます。

メリット 02 電力料金を削減できる

オンサイトPPAモデルでは、電力会社に支払っている電気料金には再エネ賦課金という費用が含まれていますが、自家消費型太陽光の設備を使うということは再エネ賦課金を支払う必要がなくなるので、その分購入量を削減できます。
※オフサイトPPAモデルは2022年時点では再エネ賦課金がかかります。

メリット 03 脱炭素化につながる

消費電力は太陽光発電によるものとなり、二酸化炭素の排出量が少ない再生可能エネルギーを利用していることになります。
そのため自己資金0円PPAモデルを採用することで、RE100とよばれる「使用電力すべてを再生可能エネルギーで発電した電力でまかなうことを目指す企業連合」への加盟やSDGsの達成への貢献が期待できます。