ご家庭の電気代を節約したい方に 住宅用太陽光・蓄電池

このようなお悩み
ありませんか?

  • 年々電気代が上がってきてる。そろそろ節電したい…
  • 災害(停電)時にも、電気を使えないの?
  • 環境貢献をしたいけど、何をしたら良いの?
  • 太陽光発電を導入したけど、蓄電池も活用してもっと節電したい
  • 深夜の安い電気を活用する方法は?
  • 10年間のFITの売電期間が終了FITの売電期間が終了
次へ

About this service 住宅用太陽光発電・
蓄電池とは?

住宅用太陽光

住宅の屋根に太陽電池モジュールを設置し、太陽の光で創った電気をパワーコンディショナーを通して、家庭内で使える電気に変換し、その電気を使えるようにする発電システムです。

蓄電池

電気を貯めたり、貯めた電気を自由に使える装置です。

Merit 住宅用太陽光発電・
蓄電池の4つのメリット

メリット 01 電気代を節約できる

現在、LNG価格や再エネ賦課金の上昇などにより、電気料金が上昇しています。
電力会社から電力を購入するのではなく、自家発電・自家消費をすることが、電気代上昇への対策となります。

また、太陽光と蓄電池を組み合わせることでライフスタイルに合わせて節電が可能です。

\ 創った電気を売って収入にするなら /

蓄電池活用(太陽光発電優先モード)

住宅用太陽光発電 蓄電池活用(太陽光発電優先モード)

\ 創った電気を100%自宅で使うなら /

経済モード

住宅用太陽光発電 経済モード

メリット 02 売電収入が得られる

売電収入は気象データ等を用いて簡単な計算式でシミュレーションします。

年間売電収入= 売電単価(円/kWh) × 太陽光パネルの容量(kW) × 1,000(kWh/kW)
※1,000kWは推定値です

FIT制度に基づく売電単価 19円/kWh
太陽光パネルの容量 4.5kW
年間売電収入の目安 売電単価 19円/kWh × 太陽光パネルの容量 4.5kW × 1,000kWh/年・kW = 85,500/年

⇒ FIT適用の10年間に見込める売電収入は約85.5万円も!

メリット 03 自家発電でエコな生活を!

持続可能な社会を目指すため、化石燃料に頼らない「再生可能エネルギー」である太陽光発電が普及拡大してきました。
普段使う電気だからこそ、人と地球にやさしいものに変えていきませんか?

メリット 04 非常用電力として使える

地震や台風で停電になった場合、パワーコンディショナーの自立運転機能を使うことで、停電時も太陽光により発電された電気を使うことができます。