快適性を守りつつ「省エネ」を実現 エコチューニング®

このような方に
おすすめ

  • 既存の設備のエネルギー消費の見直しをしたい
  • 初期費用を抑えたい
  • 脱炭素化・SDGsに取り組みたい
  • 電気代を削減したい
  • 建物にかかるコストを見直したい
次へ

About this service エコチューニング®とは?

建物が建設当初と違う運用をされていたり、時間が経過している場合、
「エネルギーの無駄」が発生していることがあります。
建物の運用改善により、それらの“無駄”を削減していくことを「エコチューニング」と言います。

建物のエコチューニング

「エコチューニング」は環境省の登録商標で、環境省が進める脱炭素事業のひとつです。
低炭素社会の実現に向けて、業務用等の建築物から排出される温室効果ガスを削減するため、建築物の快適性や生産性を確保しつつ設備機器・システムの適切な運用改善等を行うことと定義されています。

電気・衛生・空調・搬送等ほぼすべての設備がエコチューニングの対象となります。

SDGs

株式会社エナテクスは、全国ビルメンテナンス協会・エコチューニング推進センターより、信頼と安心の証である『エコチューニング事業者』に認定されています。

Merit エコチューニング®3つのメリット

メリット 01 光熱費の削減

エネルギー消費量の削減に伴い、建物の運用にかかる光熱費を削減できます。

メリット 02 快適性は守られる

建築物の快適性や生産性を確保しつつ、設備機器・システムの適切な運用改善等を行うことは、エコチューニングの基本です。

メリット 03 費用は削減できた水道光熱費の中から

エコチューニングによる水道光熱費の削減額の中から一定割合を報酬とする(異なる契約もございます)為に削減が出来なければ支払いは生じず、負担・リスクを少なく始められます。

Flow 導入の流れと管理費用について

エコチューニングの仕組み

Maintenance 設備を導入して終わりじゃない!
PDCAによる運用改善

エコチューニングの運用改善は、PDCAサイクルで運用されます。省エネ量の計測は、オーダーメイド型エネルギー管理システム「BEMS」により見える化され、最適な方法でエネルギーを利用して省エネを実現できます。

エコチューニングの運用改善の流れ

\ まずはオンラインで現状課題を探りましょう /